つみたてNISAとは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

あまり積極的になれない投資。


投資と聞くと、『素人が投資の世界に入れば、絶対に損をする!』とつい思ってしまい、投資から目を背けてしまう人も多いのではないでしょうか?

確かにそうだと思います。
無知な状態で簡単には手は出せません。
お金をかけて運用するわけですから、ある程度の知識が必要になってきます。

でも『 将来の為にお金を増やしたい。

そう思うのも当たり前です。

そんな中、今では簡単に始められる投資方法があります。
特別な知識や経験は必要ありません。

それが、『 つみたてNISA 』です。

『簡単に始められる』というところに何か引っかかると思う人もいるでしょう。
そこは心配しないでください。ちゃんとした投資方法です。

そんな『 つみたてNISA 』の中身を見ていきたいと思います。

40MAB

興味がある方は読み進めてください





目次

つみたてNISAでおさえておきたい事

まずは、つみたてNISAについておさえておきたいことを表にしてみました。↓↓

つみたてNISAの魅力は何といっても20年間の運用利益に対しての税金が全くかからない所です。


つみたてNISAの特徴4選

つみたてNISAには以下の4つの特徴があります。

① 月100円からの投資が出来る

② 利益にかかる税金が非課税になる

③ 投資のタイミングはお任せ

④ 投資信託は金融庁厳選

詳しく見ていきます。




月100円から投資が出来る

投資と聞くと一口10,000円とかそれ以上か?

それなりの高額の金額の投資の上で運用していくというイメージが強いですね。なので積極的になれない。 そんなことを僕も持っていました。

一方、つみたてNISA100円からの投資が出来ます。なので生活費が貯まり6か月のお金が貯まるメドが立ってきたら、月数百円~数千円を投資に回すという比較的ハードルが低い投資が出来ます。

たとえ少額の投資であってもちゃんとした本格的な投資なので投資の感覚を養えます。
慣れてきたら徐々に投資金額を増やしていけばいいでしょう。

Dr.K
Dr.K

投資のイメージが変わりますね!




利益にかかる税金が非課税になる

つみたてNISAは20年間にわたって投資の利益(運用益)が非課税になる制度になります。
(年間40万円までの投資が非課税)

投資の利益には通常、20.31%の税金がかかります。ですが、つみたてNISAを利用した投資ではこの20.31%の税金が『 ゼロ 』に出来ます。

税金がかからない分、利益がでた際にその税金分の金額が増えるため、より効率的に増やすことが出来ます。

たとえば…

つみたてNISAを利用した投資で100万円の利益が出たとします。

本来なら100万円に対して20.31%税金がかかるので受け取れる金額は79万6850円です。

一方、つみたてNISAでは税金がかからないので100万円が丸ごと受け取れます。

Dr.K
Dr.K

20万円の差は大きいです

非課税というメリットが大きいということでつみたてNISAを利用する人は年々増加にあります。

つみたてNISAはこれから投資でお金を増やしたいのであれば、活用すべき制度です。





投資のタイミングはおまかせ

つみたてNISAは、自分で指定した金額が指定した日に自動的に引き落としになり、継続して積立投資が行われます。

最初に設定するだけその先は自動でコツコツ積み立てていけます。積立投資には、どんな局面でも感情に左右されず、淡々と買い付ける効果があります。これにより投資のタイミングを自分で判断する必要もなく、手間の面や心理的な面でも楽な投資になります。

ドルコスト平均法
つみたてNISAは値動きのある商品を定期的に一定額ずつ購入すると、価格が高い時には少ししか買えず、価格が安い時にはたくさん買えます。この購入方法は『 ドルコスト平均法 』と言います。





投資信託は金融庁厳選

つみたてNISAでは、投資信託で運用を行います。

投資信託
投資家から集めたお金を専門家が代わりに運用する商品の事

投資信託のメリットは、1本で分散投資の効果が得られることです。

1本の投資信託は数十、数百以上の商品を組み入れています。このように組み込むことによって、A商品が値下がりしても、B商品の値上がりでカバーするというように商品の値動きと上手に付き合いながら運用が出来ます。

さらにつみたてNISAの投資信託は、金融庁が審査し基準を満たして届け出が行われたものだけが商品として購入できるので安心して利用できます。




預金?投資?

ここまで見てきて結局のところお金は預金しておくのがいいのか?それとも投資した方がいいのか?という問題になります。

たしかに預金する方が安全で安心。そして無難なところでしょう。
しかし、その預金で将来の生活を賄いきれるのか?

少子高齢化による年金の問題にも向き合わないといけません。少ない給付金で老後は大丈夫なのか?
説明しましたが、100円からの投資や投資利益の20年間非課税制度を利用して老後の準備をしましょう。








アドバイザーに相談してみる

ここまでの説明でまだ迷っている人は、専門のアドバイザーに相談するという方法もあります。

『 興味があるけど一歩踏み出せない 』や『 もう少し詳しく話を聞いてみたい 』と思っている人は是非活用してみてください。

無料で老後資金の準備のための効率の良い貯蓄方法を個別に対応してくれます。

↓↓

貯蓄の無料相談サイト「ガーデン」はこちらから


『 ガーデン 』は無料で診断やアドバイスをしてくれます。相談する事はなんのリスクやデメリットも無くあなただけが持っている権利なので是非活用しましょう。


シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次