40代の壁を乗り越える – 常に成長する心構えの重要性

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

40代に差し掛かると、私たちの仕事への取り組み方は大きく二つの道に分かれると思います。

一つは、『 惰性で仕事を続け、定年退職を目指す道。 』 もう一つは、年齢に関係なく、常に自己成長を追求する道です。


目次

惰性で仕事をする

まず、惰性で仕事をするという選択は、かつては終身雇用が普通だった時代なら問題なかったかもしれません。

しかし、今の時代、この考え方はリスクが伴います。

技術や働き方は急速に変化しており、企業も新卒だけでなく、即戦力となる経験豊富な人材を求めています。
安定した環境での働き方は、もはや過去のもの。変化を受け入れ、それに応じて自らを成長させることが求められています。



自己成長を求める

一方で、年齢を超えて常に自己成長を求める道を選ぶことを私は推奨します。

特に40代からは、新たな学びによって自己を磨き、さらなる高みを目指すことが重要です。ただ在籍するだけでは、自分にも周りにも良い影響を与えることは難しいです。成長し続けることで、自分自身だけでなく、周囲にもポジティブな影響を与えることができるのです。

こうした考え方をもって、仕事に臨むことが、長期的に見て自分にとってもプラスになります。相手の考えを尊重しながら、自己成長を追求すること。これが仕事をする上で大切なことだと私は思います。

では、自己成長のためには何から始めれば良いのでしょうか。勉強するためのツールは無数にあります。読書やオンラインクラス、実際に教室に通うことも一つの手です。大切なのは、「続ける」ことを意識すること。まずは小さな一歩から始めてみましょう。



これからどうしたいのか?

惰性と自己成長、二つの選択肢を提示しました。しかし、これらだけが全てではないかもしれません。でも、一つ問いかけたいことがあります。

「このままでいいのですか?」

おそらく、この記事を読んでいる方の中には、少なからず迷いや悩みを抱えている人もいるはずです。

でも、今できることに挑戦してみませんか?何かを始めるということです。そうすれば、視野が広がり、新しい可能性が見えてくるはずです。

小さなことから始めても構いません。大切なのは、行動を起こすことです。自分自身を成長させる機会は、いつでもそこにあります。問題は、その機会を見逃さないかどうかです。

現状に満足できないなら、変化を恐れずに一歩を踏み出してみませんか?未知の世界が、あなたを待っているかもしれません。



シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次