40代サラリーマン勉強法『6つのポイント』

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本サイトのリンクには広告が含まれます。


私たちサラリーマンは会社で『必要な人材』というポジションを維持していくには欠かせないものがあります。
それは勉強です。 

勉強をする時期は学生の時だけでなく、会社に勤めている以上は日々成長していかなければいけない。
そう思っている人も多いのではないでしょうか?
かくいう私もその一人です。

今回はあらためてその勉強方法や時間の作り方や考え方を書いていきます。

それでは行きましょう!



目次

勉強方法6つのポイント

私たちサラリーマンは時間が限られている中で効率的に勉強するためには以下のような手段が考えられます。

〇 スケジュールを立てる
〇 優先順位をつける
〇 ポモドロテクニックを利用する
〇 移動時間や待ち時間を活用する
〇 睡眠時間を確保する
〇 外部のサポートを活用する
番外:雨の音?



point.1 スケジュールを立てる

時間が限られている私たちは何をいつ勉強するのかを具体的にスケジュール化することが重要です。 これをすることによって一日の中で時間帯に区切られたスケジュールで何を勉強するのかを明確にして時間を通行に使うことが出来ます。

Studyplus(スタディプラス) 勉強記録・学習管理


point.2 優先順位をつける

自分が行っていくことに優先順位をつけることによって効率よく仕事を進めていくことも重要になrります。 時間をかけて理解が難しい部分を先にクリアすることで,後の学習がスムーズになります。


point.3 ポモドロテクニックを利用する

25分間集中して5分間休憩するというサイクルを繰り返すこの方法は、限られた時間内での集中力を高めるのに最適です。

ポモドーロテクニックとは
➡ ポモドーロテクニックは、仕事を 25 分ずつのセッションに分け、そのあいだに短い休憩をはさんで行う時間管理術の事で、集中力を維持しながら生産性を上げる効果があるこの手法は、ビジネスシーンだけでなく、勉強などに集中したいときにも活用できるテクニックです。



YouTube:ポモドーロタイマー




point.4 移動時間や待ち時間を活用する

会社では出張での移動時の電車や車の中での時間を学びに充てることもできます。
電車では読書、車ではAmazon Audibleを活用すればそのスキマ時間で学習することができるのです。





point.5 睡眠時間を確保する

寝不足は学習効果を低下させる要因となります。十分な睡眠を確保して、集中力を高めましょう。

勉強と睡眠の関係とは…

寝ている間に、眠りが浅い「レム睡眠」と、眠りが深い「ノンレム睡眠」を繰り返していることはよく知られていますが、この「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」は勉強とも深くかかわりがあります。実は、私たちの脳は「レム睡眠」の時に昼間に勉強した内容を整理し、記憶として定着させるといわれているのです。「レム睡眠」は一晩に4~5回あらわれます。つまり睡眠時間が短くなれば、それだけ「レム睡眠」の回数が減り、せっかく覚えた学習内容が脳に残りにくくなるということ。学習の効果を高めるためには、充分な睡眠が欠かせません。

栄光ゼミナールから引用



point.6 外部のサポートを活用する

友達や家族に助けを求めることで、理解が難しい部分を克服するのに役立つことがあります。また、オンライン講義や教材も利用して、自分のペースで進捗できます。

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】



まとめ

以上が勉強を効率的にしていく上での6つのポイントになりますが、40代にして勉強をしていく上で一番大切な事は、集中力の持続が肝になってきます。  皆さんが持っているスマホも勉強の際にはSNSや他の娯楽を最小限に抑え、集中力維持するようにしましょう。



シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次