中年になってもあきらめない!20分ルールで効果的に勉強する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

若い頃に比べて何事でも集中力が落ちてきたように感じるのは私だけでしょうか?

ん~…。  やはり歳を取ってきた証拠ですね。

好きなことにはいくつになっても集中できて、時間も忘れて没頭できることは確かです。しかし、人生には好きなことばかりではなく、やりたくないこともつきものです。その中で特に代表的な例が、仕事や学習において欠かせない『勉強』です。

中年に差し掛かると、確かに集中力が以前よりも短くなる傾向があります。
好きなことに時間を費やすのは簡単ですが、やりたくないことに集中するのは、まるで拷問のような感覚です。しかし、ある時私は気づきました。短い時間を毎日かけてコツコツと勉強することで、比較的少ないストレスで成果を上げるということです。

学生時代は長時間の集中力を保つことができましたが、40代になるとその持続時間がかなり短くなることが分かります。そこでおすすめするのが、「20分ルール」です。

この方法は、20分の勉強の後に短い休憩を挟み、再び20分の勉強を続けるというサイクルを繰り返すものです。これを毎日続けることで、効果的に学習しやすくなります。

具体的な手順を説明します。


目次

20分サイクル法の具体的方法

① 20分の勉強

最初は短い時間からスタートしましょう。自分が得意な科目や興味を持っているトピックから取り組むと、最初のハードルを低く設定できます。


② 短い休憩

短い休憩: 20分の勉強後には、5分から10分の短い休憩を挟みます。この時間はリラックスして息抜きをすることで、次の勉強セッションに向けてリフレッシュできます。


③ 再び20分の勉強

再び20分の勉強: 休憩後、再び20分間の集中力を維持して勉強に取り組みます。このとき、目標を設定して着実に進捗を感じることが大切です。


④ サイクルの繰り返し

この20分の勉強と短い休憩のサイクルを、何度も繰り返します。一日に何セットか行うことで、時間をかけずに無理なく勉強に集中できます。

以上の方法を実践することで、中年に差し掛かった方でも集中力の低下を感じつつも、ストレスを最小限に抑えながら効果的な勉強ができるでしょう。

わたしと同じような思いの人は是非一度試してみてくださいね。

シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次